アルファードの中古車相場!ハイブリッドとノーマルの差は?

ファミリーカーといえばミニバンですが、 そんな中でもトヨタの新型アルファードは、根強い人気を誇っています。

高級ミニバンと言われるアルファードは、芸能人も利用している方も多いです。

 

比較的購入しやすいベースグレードから、もはや飛行機のファーストクラスのようなラグジュアリー仕様のロイヤルラウンジも存在するため、価格もピンキリとなっています。

 

今回は、【アルファードの中古車相場】を調べて見ましたので、見ていきましょう。

アルファードの中古車相場は?

アルファード 中古車 相場 ハイブリッド ノーマル 差

調べたところ、アルファードの中古車価格は、300万~800万となっていました。

かなり値段に幅がありますが、そもそもアルファードはグレードによる価格差が大きく、ベースグレードのXで335万、最上級のロイヤルラウンジで735万と倍以上の差がありますので、グレードによって中古車の価格も大きく変わっていますね。

 

新車価格ではハイブリッドは、ガソリン車に比べて80万ほど上乗せになりますが、中古車の価格も同様で70万~80万程度の価格差がありました。

アルファードのガソリンタイプとハイブリッドの違いは?

アルファード 中古車 相場 ハイブリッド ノーマル 差

アルファードのガソリンタイプとハイブリッドの違いについて見ていきましょう!

 

アルファード2.5Lエンジン「2AR-FE型」

アルファード 中古車 相場 ハイブリッド ノーマル 差

2.5Lガソリンタイプに搭載されているエンジンは、2代目アルファードに搭載されていた2.4L直列4気筒エンジン「2AZ-FE型」よりも強力になった最新型の「2AR-FE型」にアップグレードされています。

 

このエンジンはトヨタが北米向けに販売しているカムリやレクサスESなどに搭載されていたものですが、日本国内向けに搭載されたのはアルファード/ヴェルファイアが初めてとなります。

 

男性

2代目モデルの「2AZ-FE型」よりも最大トルクが12ps/1.2kg強力になり、スムーズで力強い発進力を発揮しています。

 

排気量は増えましたが、高効率吸気ポートやコンパクト燃焼室の採用、圧縮比最適化などの各種改良によって燃費性能は向上し、先代モデルより1~2km/Lほど向上しています。

 

アイドリングストップ機能も追加されており、車両重量1,990kg以下の2.5L・2WD車にアイドリングストップ機能を装着すれば、最大12.8km/とLLクラスミニバンではトップクラスの低燃費を実現しています。

 

多人数を乗せて高速道路の上りや合流などではパワー不足を感じる場面もある。

 

アクセルを踏み込んだときのCVTの回転音や4気筒のエンジン音により、車内の静粛性は他の2タイプよりも落ちるなどのデメリットはあるものの、軽快な加速、手応えのあるステアリングなど走行性能のバランスも良いです。

 

女性

車両本体価格は一番安い・コスト・走行性能・乗り心地など一番バランスがいいタイプです。

 

アルファード3.5Lエンジン

アルファード 中古車 相場 ハイブリッド ノーマル 差

3.5Lエンジンは2018/1のマイナーチェンジで進化、主要部品を一新した新型「V6 3.5L 2GR-FKS Dual VVT-i(吸気側VVT-iW)エンジン」となっています。

 

ここがポイント!
  • 最高出力:旧型の206kW(280PS)/6,200r.p.m.から、221kW(301PS)/6,600r.p.m.へ21PSアップ。
  • 最大トルク:35.1kgf・m(344N・m)/4,700r.p.m.から、36.8kgf・m(361N・m)/4,600~4,700r.p.m.と1.7kgf・mアップ。
  • トランスミッション:トヨタ国内初となる「Direct Shift-8AT(8速オートマチックトランスアクスル)を採用。
  • 燃費性能:3.6Lの大排気量エンジンでありながら、10.4~10.8km/L。
  • 高速走行時:回転域が低くなるため車内の静粛性が高い。
  • 加速:スムーズでパワーがあり、高速巡航時での高い静粛性など走行性能は抜群で、直進なら下手なスポーツカーよりも速さを体感できるかもしれません。

 

デメリットはやはり車両本体価格・維持費を含めたコストの高さ

燃費は3タイプの中で一番悪い上、ガソリンもハイオクとなっていますので単純に維持費がかかります。

 

男性

大人数を乗せて高速道路も余裕を持って走りたい、ミニバンでもV6エンジンの走りを楽しみたい、などコストを無視してでも、余裕のあるスポーティーな運転を楽しみたい人向けのモデルです。

 

アルファードハイブリッド

アルファード 中古車 相場 ハイブリッド ノーマル 差

アルファードのハイブリッド車のエンジン構成は、2.5L直列4気筒DOHCにフロントとリヤの2モーターとなっています。

この構成は、ハリアーやレクサスNXのシステム構成とほぼ同じとなっていますね。

 

ハイブリッドシステムはプリウス等でもおなじみのトヨタ独自のTHS-II (Toyota Hybrid System II) 方式で、E-Four(電気式四輪駆動)となっています。

 

先代アルファードよりも低速トルクを15%程度強化したトルクカーブとなっていますので、発進時のレスポンスがよくスムーズな発進が可能となっています。

 

バッテリーはニッケル水素バッテリーで先代モデルでは中央配置だったのをフロントシート下に配置したことでセンターコンソールに十分な容量を確保し、室内のスペース効率を高めています。

 

しかしそのせいでガソリン車の一部グレードに搭載されている助手席スーパーロングスライド機能がハイブリッド車には搭載されていません。

 

JC08モード燃費は18.4~19.4km/Lとリッター20kmに迫る低燃費を実現しています。

 

男性

2.5Lでは加速時に物足りないと感じるシーンでも低速トルクを強化されたモーターの補助でスーと滑るような走り出しを味わうことができます。

信号待ちからの加速時など一番利用シーンとして多いであろう街乗り時に恩恵を受けるメリットは大きいです。

 

またなんといってもハイブリッドならではの車内の静粛性・燃費の良さは抜群で、アルファードで想定される大人数、長距離走行というシチュエーションにはピッタリです。

 

デメリットは車両本体価格の高さとなり、グレードにもよりますが、80万円以上の価格差がありますので、性能的にはオススメですが価格については予算との相談が必要です。

 

女性

少しでも安く購入されたい方は、ハイブリッドの中古車を探してみると良いでしょう。

 

アルファードハイブリッド中古車の注意点

アルファード 中古車 相場 ハイブリッド ノーマル 差

アルファードには、様々なエンジンがありますが、オススメはハイブリッドとなっています。

ハイブリッド車を中古車で購入する際に注意したいのがバッテリーとなります。

 

バッテリーについて誤解が多いですが、エアコンを使うとバッテリーが減るからエアコンをかけないなどと言う方もいますが、そんな事はありません。

 

車は、オルタネーターと言う発電機でエンジンの力で発電しながら走っており、従来からのバッテリーに充電されます。

こちらを補器バッテリーといって電圧は12Vです。

 

補器バッテリーを量販店で交換する際は、「ハイブリッド車用バッテリー」というものがありますので、こちらを選択してください。

 

ハイブリッドシステム専用のバッテリーは、ニッケル水素バッテリーで高圧の電圧となっています。

バッテリーユニット自体が非常に重いため、車両の下部に取り付けられており、外から確認することはできません。

 

男性

車レベルの重量の物体を動かすための力は当然、ニッケル水素バッテリーで行っています。

このハイブリッドシステム専用のバッテリーで車輪を動かすためのモーターを回すための電力を供給しています。

 

女性

以上のことから、バッテリーを気にせずエアコンを使用されても全く問題はありません。

 

バッテリー交換のおすすめ時期

アルファード 中古車 相場 ハイブリッド ノーマル 差

近所やの買い物や夜のみの走行が多い場合は4年から5年ごとに補器バッテリーを交換することをおすすめします。

ハイブリッドシステム専用のバッテリーは15万kmから20万kmは、使えるように設計されているようです。

 

普通に使っていれば、おそらく10万kmまでには買い替えをするでしょうから、あまり気にする必要はありませんが、長年愛用して15万km以上走るという方にとって気になる、ハイブリッドシステム専用のバッテリー交換だと思います。

 

こちらは、ハイブリッドシステム専用のバッテリー自体の大きさが大型で特殊であるため、品物の代金と交換費用、それから廃バッテリーの廃棄費用が掛かってきます。

 

男性

以上の事から、費用が15万円から35万円ほど掛かると言われていますので、ハイブリッド車の購入時には走行距離がそのままバッテリー寿命に直結しますので、走行距離は、ガソリン車よりもシビアに確認しておきましょう。

 

アルファードハイブリッド中古車のまとめ

アルファード 中古車 相場 ハイブリッド ノーマル 差

アルファードの中古車についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

価格面を重視される場合は、ガソリンタイプの2.5Lのアルファードがオススメですが、

 

十分なパワーと燃費性能を求める方には、ハイブリッドがオススメとなっています。

また、ハイブリッドを検討される際には走行距離もしっかりと確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です