アルファード30系後期のホイールと車高調のオススメは?

圧倒的な存在感を漂わせるアルファード知れば知るほど深みにはまり、引きよ寄せられますね。

迫力のあるボディーはまさに、横綱級。別格のオーラが解き放っています。

 

人間に例えるなら、車のエンジンは心臓ですがタイヤは足となりますので、なくてはならない存在です。

トヨタを代表するミニバンの仲間たち、ヴォクシー・シエンタ・ノア・エスティマとありますが今回最高級ミニバンアルファードのタイヤとホイールについてご紹介します。

アルファードのタイヤサイズ

標準装備されているタイヤとホイールデザインです。

年式やグレードでサイズが異なります。

 

現行アルファードタイヤとホイールサイズ
標準ボディー グレードとタイヤのサイズ
HYBRID Executive Lounge (17インチ スパッタリング塗装)
HYBRID G”F パッケージ (17インチ ハイパークロームメタリック塗装 )
HYBRID G (17インチ ハイパークロームメタリック塗装)
HYBRID X (16インチ)
Executive Louge (17インチ スパックリング塗装)
GF (ハイパークロームメタリック塗装 17インチ)
G (ハイパークロームメタリック塗装17インチ)
X (16インチ)
エアロボディー
HYBRID Executive LoungeS (17インチ スパッタリング塗装)
HYBRID SR”C パッケージ (17インチ スパッタリング塗装)
HYBRID SR( 17インチ ハイパークロームメタリック塗装)
HYBRID S(17インチ ハイパークロームメタリック塗装)
HYBRID Lounge S(17インチ スパッタリング塗装
SC (18インチ 切削光輝+ブラック塗装)
S”Cパッケージ (18インチ 切削光輝+ブラック塗装)
S”Aパッケージ (18インチ)
S (18インチ)

 

アルファードのタイヤサイズのラインナップは16インチ~18インチ全5種類のタイヤとホイールデザインは顔ぶれがそれぞれ違いますね。

 

標準に取り付けられているホイールもなかなかカッコいいので、上位グレードじゃないとイマイチなんて事はありません。これはグレードを選択する際に迷いそうです。

 

最初から備わっているタイヤは車のメーカーの指定内容で作られていて、3~4万キロ位の走行に耐えうる想定となっています。

タイヤの偏平率とは?

タイヤの事を調べていくと「扁平率」という単語が出てきますが、これはタイヤの幅に対する高さの割合の事を言います。

偏平率は乗り心地に左右してきますので、大事な情報です。

偏平率が高い場合

クッションの厚みがあるので、道路の衝撃を吸収しやすくなっています。凸凹道の影響を受けにくい反面、道を曲がる時にタイヤの動きが悪くなるようです。

偏平率が低い場合

タイヤの中の空気量がくなるので凸凹道の衝撃を受けやすくなります。乗り心地が悪くなる分道を曲がるときなどハンドル操作がよくなります。

タイヤのサイズって正直よく分からない、どこを見たらいいのか、タイヤ選びで見ると分かりやすい部分があるんです。

 

タイヤを良く見ると数字や英語が記載してあります。

215 65R 15このような表示ですが、これがタイヤの番号になっています。

 

家電製品なども個別に番号と英語が記入されてあったりしますよね。タイヤも同じように品番があります。

人気のタイヤはどれ?

アルファードのオーナーに人気のタイヤはどのタイヤでしょうか?

調査をしてみましたので口コミ情報と併せてご紹介します。

サマータイヤ

タイヤに種類がありサマータイヤとスタッドレスタイヤがあります。

サマータイヤとは国産車の新車はサマータイヤを標準装備しています。つまり普通のタイヤのこです。

1位 ヨコハマタイヤ

[YOKOHAMA]BluEarth RV-02 225/60R17 99H

 

口コミ

「雨の日のハンドリングも安定感抜群 振動、騒音問題なし」

「普段から運転は気をつけていますが、雨の日は特に慎重に運転するのでハンドル操作の安定感があると安心して雨の日も運転しやすくなりそうだと思いました。」

「純正タイヤのG91がうるさくて雨の日のグリップの弱さからとにかく静かになって雨の日に安心して走行できるタイヤが履きたくて BluEarth RV-02を選択しました。」

「ラベリングではA aですが燃費の変化は感じるぐらい変わらないと思いますがウェットの方は劇的に変わります。」

「一般道で縦方向のみのブレーキなら制動距離がかなり短くなります。 ハンドリングは若干軽くなるので右左折時は切りすぎてしまうので慣れが必要です。」

 

タイヤを替えると燃費も変化をすることがあるようですが、特に変化は感じられなかったようです。

タイヤを替えるきっかけとして運転中の騒音があるみたいですね。

 

快適に運転したいし、家族と会話や音楽を流している中他の外部の音聞きたくないとおもいませんか。車の中の空間を楽しみたいところですね。

2位 トーヨータイヤ

[TOYO]PROXES CF2 SUV 225/60R17 99H

口コミ

「直進安定性も程よく、カーブも自然。」

「グリップ性能が良く 静粛性もこの手のタイヤとしては静か。」

「都会と高速主体、たまに峠や、たまのちょっとの雪などの環境には、コストを考えると、とても良いタイヤと感じます。」

 

安定して走れることはポイントとして高いですよね。街を走るにも険しい道にも使えるんですね。

サマータイヤで雪道走れるのすごいですね。雪道走行にはスタッドレスタイヤに履き替えた方がより安全かもしれませんね。

こちらも評価の高いタイヤとなっています。

3位 ブリヂストン

[ブリヂストン]REGNO GRVII 225/60R17 99H

口コミ

「静寂性が大幅に改善されました。ナビの音量を今までと同じ音量にする必要がなくなりました。ロードノイズも大分軽減され、舗装が痛んできているアスファルトでも、気にならなくなりました。」

「高速道路の走行でもかなり改善されました。 乗り心地 凹凸が激しい道路でも少し緩和されているような気がします。」

「グリップ力 コーナーでの走行性能が大幅アップしました。ハンドル感覚が大分変わった気がします。高速道路での車線変更時の安定感は、たまりません。すごく気持ちよく車線変更ができるようになりました。」

「走行性能が向上しました。正直、タイヤでここまで変わるのか!と思いました。」

「少しハンドルを離してもぶれない素晴らしさ。安定感には、本当に安心します。」

「凸凹が激しい道で走っても気にならなくなるタイヤ絶賛したい。誰もが知る世界のブリジストンですね。」

「このタイヤに替えるとどんな道もスムーズに走れて衝撃に強いのかなとそんな気がしました。」

「どんな衝撃も引き受けてくれそうなタイヤですね。レビューに全項目で5つで満点の星でした。」

 

衝撃の吸収力が優れているようです。乗り心地がかなり改善されるのではないでしょうか。

アルファードのタイヤの変更時期は?

タイヤは消耗品。

靴がすり減ってきたりするとすぐに気づきますがタイヤのすり減りってあんまり気に止めてないと、なかなか気づきにくいですよね。

 

タイヤがおかしいと実感する頃にはかなり劣化してたり、時にはひび割れを起こしていたりします。

タイヤは走れば走るほどすり減りが進行しますし、そんなに走ってないから私の車は大丈夫よなんてお思いではないですか。

 

タイヤは月日と共にゴム部分が硬くなったり、ひび割れを起こします。

夏は特に紫外線の降り注ぎがきついですよね。人間も紫外線浴びるとシミや老化の原因になりますが、タイヤも紫外線で劣化していきます。

 

人なら日焼け止めを塗れるのに、タイヤにはタイヤワックスを塗りすぎると傷む原因にもなってしまいます。

タイヤの替え時のポイントをご紹介します。

 

タイヤの限界を見極め方として、スリップサインがあります。

スリップサイン

タイヤの溝に少し盛り上がっている部分。

下の図です。

タイヤのすり減りが進むと雨の日にブレーキが効きにくくなったり、ブレーキの性能が低下します。

車の溝がしっかりとあってもゴムが劣化していれば交換のタイミングとなります。

 

タイヤの劣化から発生する事は、一歩間違えれば事故になりかねない事態です。

危険なので、普段からタイヤをチェックの習慣をオススメします。

アルファード30系おすすめのホイール

ホイールまさしく車の個性を引き出すパーツ。おしゃれは足元からって言葉を一度は耳にした事はあるのではないでしょうか。

アルファードにおしゃれにしてあげてみませんか?スポーティー、上品、ダイナミック色々と表情が変わりますのでお好みのアルファードに仕上げてみましょう。

WEDS ジョーカー マジック シルバー 7.0Jx17エナセーブ RV504 225/60R17

こちらは夏の風物詩花火がうち上がった瞬間の輝きのようなはいーるです。

シルバー1色ですが、存在感に圧倒されます。

WEDS LEONIDS MX レオニス MX 235/50R18 235/50-18

こちらは 先端のとげどけしさを装備しながらいかつさを持つのに本当は繊細なところもある人間味を感じるホイールですね。

アルファード30系後期のホイールと車高調のオススメは?まとめ

ミニバンは車高が高くその大きなボディーを支えなくてはいけないタイヤの役割は重要ですよね。

国内で販売されているミニバン専用タイヤの会社はブリジストン・YOKOHAMA・グッドイヤ・ダンロップ・トーヨーがあります。

 

重量が重たい分フラフラしたり、揺れます。ずっしりと重たいので燃費がわるいです。

ミニバン専用タイヤを使うとそれらを抑えてくれる効果や運転の疲れを軽減してくれます。

 

アルファードの標準タイヤとホイールは16インチ~18インチです。

タイヤ選びする時には、タイヤの英語と数字を見るまたは車検証を確認します。

 

ホイールは通販で購入することができます。

タイヤとホイールいまいちよく分からない、私もそんな一人でした。

タイヤの種類やおすすめのタイヤを知ってもらえたらいいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です