アルファードのスペックは高い?安全機能を詳しく解説!

アルファードは初代から3代目まで存在し、現行型である3代目は2015年から販売されています。

今回は、そんな現行型アルファードの安全性能について、紹介していきたいと思います。

アルファードの安全性能は?

アルファード スペック 高い 安全機能 詳しく 解説

「Toyota Safety Sense」は現在トヨタの殆どの車種に採用されていて、その中でもアルファードには他の車種に比べて安全性能が強化されています。

 

安全を予防する技術はとても大切なことで、他のメーカーにも同じように基本的な安全性能は搭載されています。

 

その中でもトヨタの自動車は、全ての人が無難に使いやすく、安全な車に乗れるように作られていると感じるため、安全性能に不安を持つ方も少ないと思います。

 

現在では、死亡事故の殆どが歩行者事故、夜間の視界不良による衝突、車線逸脱によるもので、歩行者との接触時が最も多いとされています。

 

男性

車がより安全に快適な走行を実現するために搭載されたこの「Toyota Safety Sense」は、高次元の実現するために開発され、トヨタの自動車に乗る人全てに安心を届け、運転を楽しいことと感じさせてくれます。

 

アルファードの「自動ブレーキ」による安全性能

アルファード スペック 高い 安全機能 詳しく 解説

最近ではよく耳にすると思われる「自動ブレーキ」や「自動運転」という単語は、安心感や先進技術と呼ばれる見方もできますが、「車を運転している気がしない」という意見や、「便利すぎて逆に好かない」などの意見もありますね。

 

しかし、安全面の現状で考えると、「よそ見をしていて衝突してしまった」「ブレーキを踏み遅れてしまいぶつかってしまった」などの事故は依然として発生していますので、自動の技術はもはやこれから必須の機能となってくると思います。

 

衝突という事故は、殆どがブレーキを踏めなかったか、よそ見などによりブレーキを踏むのが遅れたものだと思っています。

 

自動ブレーキとはその名前からわかるように、自動でブレーキを車にかけて安全支援をします。

 

「Toyota Safety Sense」の「自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティ)」は、歩行者、車、自転車を検知し、未然に事故を防ぐ技術となっています。

 

また、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した検知センサーにより、より高度な安全性を確保し、あらゆる事態による事故を防いでいます。

 

グリルをよく見てみると、目立たないですがカメラやセンサーなどが搭載されていることが分かります。

ブレーキを踏めた場合にはプリクラッシュブレーキアシストが働きます。

 

踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキが働き、衝突被害や未然に事故を防ぐサポートをします。

このプリクラッシュブレーキは、歩行者や自転車運転者に対しては自車が約10~80km/hの速度域で作動します。

 

歩行者との速度差が約40km/hの場合には、衝突回避または被害軽減をサポートする機能となっています。

 

車両や歩行者に対しては自車が約10km/h以上で作動するので、10km/h以下で走行をする渋滞の道での走行時にはご注意ください。

 

また、身長が1m未満の子供や、見通しの良くないカーブでの対向車には、この安全機能が働かない場合もあります

 

女性

停止や徐行の多い場面でも快適に安全な運転をサポートをする「追従ドライブ支援機能レーダークルーズコントロール」が存在します。

 

アルファードの「レーダークルーズコントロール」による安全性能

アルファード スペック 高い 安全機能 詳しく 解説

「追従ドライブ支援機能レーダークルーズコントロール」による安全性能は、渋滞以外でも能力を発揮します!

 

この機能は、走行中に前方の車間距離を一定に保ったまま走行をしますので、前方の車のブレーキに対応して何回もブレーキを踏むことが少なくなります。

 

この機能によって、快適な運転をサポートするうえ追従ドライブ支援機能(レーダークルーズコントロール)のスイッチをONにして希望の速度を設定すると一定の速度を保ったまま走行します。

 

その上で先行車に接近し過ぎた場合にはブザー音が鳴り警告を行います。

仮にブレーキを踏みそこねても、自動ブレーキが発動することにより衝突を防ぐことになります。

 

ただし、バイクや荷物の積んでいないトラックなどにはこの追従ドライブ支援機能は反応しないことがあるそうなので、その場合は注意が必要です。

 

追従ドライブ支援機能には一定の速度を保ったり、先行車の速度に合わせるだけでなく、車線変更時にゆっくり加速をする機能なども搭載されています。

 

これだけの安全機能があるとかえって複雑で分かりにくく、車を購入する時に要らないオプションまで付いてきそうと考える方もいると思います。

 

ですが、自動ブレーキの機能は10km/h以上でほぼ全ての危険な場面で作動し、追従ドライブシステムによる自動ブレーキの能力を支援する機能と言っても良いと思います。

 

男性

徐行中に追突しない自信があり、追従支援機能はもしかしたら必要ないと思うかもしれませんが、運転手の負荷が軽減され、疲れにくいということは最終的には事故を防ぐ要素にもなりますね。

 

アルファードの「リヤクロストラフィックアラート」による安全性能

アルファード スペック 高い 安全機能 詳しく 解説

アルファードはとてもサイズの大きな車なので、後方の視界は非常に不安を抱えてしまいますが、後方の安全性能も強化されたアルファードには、駐車時も安全です!

 

リヤクロストラフィックアラート[RCTA]により、T-Connect SDナビゲーションシステムが作動し、後退して出庫する際に左右後方から接近してくる車両をブラインドスポットモニターのレーダーにより検知ができます。

 

ドアミラー内のインジゲーターが点滅したり、ブザー音、ナビ画面に検知結果の表示機能により安全支援をサポートくれます。

 

女性

また、駐車時のドアミラーには、自動で見にくい後方からの死角に合わせて動き、駐車支援をするので、大きな車の一番の悩みとなる駐車場での出し入れも安心ですね。

 

アルファードは安全性能も充実した高級ミニバン

アルファード スペック 高い 安全機能 詳しく 解説

アルファードは、安全性能に貢献する快適で静粛性のある走りを実現する走行性能も備わっています。

 

振動・騒音を抑える高剛性ボディに、エンジンルームと室内を隔てるダッシュパネルにはサンドイッチ鋼板を設定することで、エンジンノイズやロードノイズを低減させて静粛性を実現しています。

 

さらに、ダブルウィッシュボーンリヤサスペンションに加え、ショックアブソーバーの減衰力を適正化する新型バルブを採用したことにより、低床フラットフロアなどを実現させながら、快適な乗り心地と操縦安定性を向上させています。

 

内装も高級感のある室内空間を感じさせる作りになっているので、まさに走るラウンジとなっていますね。

 

燃費も悪くはなくハイブリッドカーは19km/L、ガソリン車は約10km/Lとの数値になっています。

ガソリン車にはハイブリッド車とは少し違う力強い走りを実感できるかと思います。

 

自動ブレーキや運転支援システムと行った機械的な安全性能はカタログ上でも比較が可能であり、購入をする際にも非常に重要なポイントですが、実際に試乗して、静粛性や視界の良さを確認される事も重要であると思います。

 

特に、運転手が疲れない。眠くなった場合に仮眠が取れる広さがある。といった要素も事故を防ぐ大事なポイントになります。

 

なので、試乗する際にはシートの座り心地や運転席からの視界、渋滞時のオートクルーズ機能の動作をしっかりと確認して見ることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です