アルファード30系後期の口コミと評判!人気は高い?

アルファード、売れてますよね。

 

今年1月にマイナーチェンジがありましたが、300万円以上する価格設定でありながらも、1ヵ月でアルファードは約1万4000台を販売とLサイズミニバンとしても、もはや敵無しといったところでしょうか。

 

いざ、アルファードを買うとなると、ここの選択は非常に悩ましいポイントになると思いますので、今回は、ガソリンタイプとハイブリッドの口コミをそれぞれ調べて見ましたのでご紹介します。

アルファードを買うポイント!

 

アルファードを買うとなると、ここの選択は非常に悩みますよね。

 

他メーカーの日産エルグランドやホンダのオデッセイなどが競合とはなりますが、Lサイズのミニバンというカテゴリーにおいては、アルファードと兄弟車のヴェルファイアの独壇場となっていま。

 

なので、アルファードのライバルという意味では同じトヨタの兄弟車ヴェルファイアとなっていまします。

 

マイナーチェンジ前は、ヴェルファイアの方が販売台数がうえだったのですが、1月のマイナーチェンジでは逆転してアルファードの方が売れているようです。

 

見た目以外は大きく変わらないアルファードとヴェルファイアなので、現行モデルではアルファードの見た目が支持されていると言って良いでしょう。

 

そんな、アルファードにも「ガソリン車」「ハイブリッド車」が存在し、燃費はもちろんですが走行性能も違うようです。

 

元々大きな車体で燃費は犠牲になりやすいアルファードなので、ハイブリッドは非常に良い選択にはなると思いますが、価格差を考えると、燃費だけでは元が取れるとも言えません。

 

いざ、アルファードを買うとなると、ここの選択は非常に悩ましいポイントになると思いますので、今回は、実際の口コミをご紹介します。

アルファード30系後期ガソリン車の口コミは?

アルファード 30系 後期 口コミ 評判 人気 高い

まずは、ガソリン車の口コミをエクステリアやインテリア、走行性能などに分けてまとめましたのでご紹介します。

 

エクステリア!
  • 特徴的なビックバンパーコーナー部分のデザインが気に入った。
  • マイナーチェンジ前よりカッコよくなった。
  • 全長4,94mm・全幅1,850mmなので、駐車時などの取り回しは神経を使う
  • モデリスタのエアロを付けて良かった。
  • とにかくエクステリアに一目惚れ!

 

インテリア!
  • 合皮や全席パワーシート、パワーバックドアは魅力。
  • シートヒーターが嬉しい。
  • 後席もパワーシートになり、頻繁にシートアレンジをするので重宝してます。
  • ダッシュボード、インパネ周りなどが高級感、重厚感があって良い。
  • メーターのインフォメーションモニターはナビの割り込みや各種情報が表示できて非常に便利。
  • 内装の質感はかなり高級感がありシートもしっかり体をホールドされるので運転がとても楽。
  • ステアリングスイッチが便利。

 

エンジン性能!
  • 二代目からの乗りかえだが、2,400㏄から2,500ccになったという違いはパワーの面ではほとんど感じない。
  • 3,500ccはパワーがあって良い。
  • 3.5Lがハイオク仕様なのが残念。

 

走行性能!
  • クルーズコントロールとレーントレーシングアシストはとても便利。
  • 左右の死角が広いのでブラインドスポットモニターがとても便利。
  • 高速道路の巡航時安定感があって良い。

 

乗り心地!
  • 静粛性は格段に上がった。
  • 助手席スーパースライドは便利。
  • ウェルカムパワースライドドアは便利。
  • 二列目、三列目は広々していて良い。
  • 30系のマイナーチェンジモデルではボディの補強も入っためきしまない。
  • リアサスペンションがダブルウィッシュボーンになったため乗り心地が良い

 

燃費!
  • 街乗りでは6~8km/lで、高速道路使用で10km/l程度。
  • エコモード使用で街乗り6~7km/lで、高速11~12km/l 程度。
  • 平均13.4km/l程度。

 

価格!
  • 総合的に見て納得感がある。
  • 全体的に納得感がある。

 

以上のような口コミになっています。

エクステリアやインテリアの高評価はさすが、高級車のアルファードと言ったところでしょうか。

 

走行性能についてもネガティブな感想は無いようですが、3.5Lエンジンのモデルはハイオク仕様になるので、レギュラーガソリンよりも燃料費は割高になってしまいますね。

 

男性

大きな車体の取り回しも、やはりストレスにはなるようです。

このあたりは、試乗する際に少し入り組んだ道に入って見るなどして確認した方が良いですね。

 

アルファード30系後期ハイブリッド車の口コミ

アルファード 30系 後期 口コミ 評判 人気 高い

アルファード30系後期ハイブリッド車の口コミをご紹介します。

見ていきましょう!

 

エクステリア!
  • フロントグリル・ヘッドライトを含めデザインが気に入っている。
  • 全体的にもデザインより機能優先のため、エクステリアの良し悪しは気にしていない。
  • 全体的なエクステリアのデザインが良い。
  • モデリスタのエアロパーツがカッコいい。
  • マイナーチェンジ前と比較して、テールライトの位置が少し下がり、腰高感がなくて良い。
  • ドアハンドルタッチによる、ロック解除の反応が良くなった。

 

インテリア!
  • ブラウンの内装が上品でお気に入り。
  • 木目調の内装が良い。

 

エンジン性能!
  • 高回転までスッキリ回るエンジン。
  • マイナーチェンジ前に比べ踏み込んだ時の唐突さがなくて良い。
  • 高速の合流もスムーズで、巡航も楽々です。

 

走行性能!
  • コーナー時のロールは気になるレベルではなくむしろ良い。
  • パノラミックビューモニターが非常に便利。
  • ブラインドスポットモニターが便利。
  • 高速道路走行時のクルーズコントロールは快適。
  • 標準装備となったセーフティーセンスPに安全装備がパックになっていて良い。
  • 道路標識を読み取りマルチインフォメーションディスプレイに速度を表示してくれるため、うっかりスピード違反する事も無いのは安心。
  • 白線を読み取り、車線をはみ出すと警告音が鳴るので便利。
  • 信号待ちで前の車が発進したら警告音が鳴るので便利。
  • 夜間走行時のオートハイビームは便利。

 

ハンドリング!
  • 街中では軽快感があって良い。
  • 高速道路ではハンドリングがしっかりしていて良い。
  • 高速道路ではしっかり感があるので、心配無く運転できる。
  • レーントレーシングアシストは慣れるまで時間が必要。

 

乗り心地!
  • 低速走行から高速道路での走行など、どんな乗り方や走り方でも快適。
  • 遮音性が良いので高速道路でも疲労感が無くて良い。
  • マイナーチェンジ前より、遮音性がかなり良くなった。
  • マイナーチェンジ前より、ドアロックの音とショック小さくなっていて良い。

 

燃費!
  • 13~14km/l
  • 大きな車体でこの実燃費であれば十分満足。

 

価格!
  • 高価だが価格相応。

 

ガソリン車同様に、エクステリアインテリアの満足度は高いですね。

走行性能についても、ガソリン車よりも加速がスムーズで、静粛性の高い事が好評であるようです。

 

確かに、アルファードのような大きな車となると、大人数で乗車する場合も多く、静粛性の高さは会話のしやすさに繋がりますので、とても大事な要素になりますね。

 

男性

また、高速道路での長距離運転に対しても、ハイブリッドの加速性能が一役買うと思われます。

燃費以上に、走行性や快適性に注目してハイブリッドを検討されると良いのでは無いでしょうか。

 

アルファード30系後期はハイブリッドがオススメ?のまとめ

アルファード 30系 後期 口コミ 評判 人気 高い

いかがでしたでしょか?

アルファードは「ハイブリッド車」の方が、良いのかどうか考えてみましょう。

 

まず、当然ですがハイブリッド車は燃費が良いです。

新車の価格で比較すると、年間で10,000km乗る方は4年半程で金額差がなくなります。

 

口コミにもありますが、静粛性やE-Fourなど魅力が満載のようです。

 

ガソリン車の3,500ccモデルならば、パワーがあって良いという口コミもありましたが燃費が非常に良くないため、ハイオク仕様なのでガソリン代がかかりますので、ガソリン車を選択する場合は、2,500ccをオススメします。

 

ただし、その場合ハイブリッドに比べると若干のパワー不足を感じるかもしれません。

 

特に長距離を乗る方や、家族を大勢乗せる方、生活圏内に坂道や橋と言ったエンジンパワーを必要する場所のある方は「ハイブリッド車」の方が快適であると言えます。

 

というわけでアルファードは「ガソリン車」と「ハイブリッド車」どちらが良いのかについては、間違いなく「ハイブリッド車」だと言えます。

 

住環境や想定しているアルファードの使い道などを考慮して、乗り心地は試乗をして確認することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です