アルファードを値引きで買う場合の目標額・限界額はいくら?

人気のアルファードですが、出来ることなら少しでも安く購入したいですよね!

 

そこで、アルファードの値引きを引き出すには、兄弟車であるヴェルファイアや、他社の日産エルグランドやホンダのオデッセイなどとの競合が有効になってきます。

 

今回は、【アルファードを値引きで買う場合の目標額・限界額はいくら?】ということについて、見ていきましょう!

アルファードを値引きで買う場合の目標額とは?

アルファード 値引き 買う場合 目標額 限界額 いくら

迫力あるエクステリアと高級感のあるインテリアで人気のアルファードですが値引き動向は、徐々に拡大傾向です。

ディーラーオプションからの値引きを含め、45万~50万の値引きが報告されています。

 

アルファードを買うなら、オプションからの値引きを含めて35~40万円程度の値引きを目指しましょう。

人気車種だけに、値引きのガードは硬めですがしっかりと値引き交渉する事で値引き額は変わります。

 

アルファードの値引きを引き出すには、兄弟車であるヴェルファイアや、他社の日産エルグランドやホンダのオデッセイなどとの競合が有効です。

 

そのような交渉方法があるのか、見ていきましょう(^^♪

効果的な交渉方法とは?

アルファード 値引き 買う場合 目標額 限界額 いくら

効果的な交渉方法はどのようなものがあるのか、見ていきましょう!

 

ただ、ヴェルファイアや他社の方が値引きが多くなるケースが多いので、「ヴェルファイアは値引き○○万円と言われているので、そのままの値引きじゃなくてもいいが、それに近い値引きを頑張ってほしい」と進めると効果的です。

 

もし、隣県へ越境が可能であれば、地元と他県のトヨペット店同士でアルファードの相見積もりを取るのも非常に効果的です。

 

「向こうのトヨペットでは総額○○万円と言われた。それよりも安くなるならこちらで契約したい」という交渉ができます。

 

必ずしも、他県のトヨペットが安い見積もりを出してくるとも限りませんが、「地元のトヨペットの値引きが渋いので、こちらでの購入を検討している。」などと、何度も商談する気は無いそぶりを見せて、安い見積もりをもらいましょう。

 

アルファードの車両本体からの目標値引き額とは別に、オプションから20~30%引きは可能です。

 

男性

車両からの目標値引き額が25万円+オプション40万円からの値引き8万円=総値引き33万円が合格ラインになりますので、最低でも30万程度の値引きは引き出しましょう。

アルファードの競合車は?

アルファード 値引き 買う場合 目標額 限界額 いくら

まずは【アルファードの競合車の設定】【ディーラー】を決めて行きましょう。

 

新車の値引き交渉では、競合車を立てて「アルファードか、どれにするか迷っている」というスタンスで契約直前まで交渉する事で値引きを引き出して行きます。

 

兄弟車のヴェルファイアは外観や若干の装備を除けば基本的に同じ車なので、ヴェルファイアのネッツ店との競合も非常に有効です。

 

男性

最低限、ヴェルファイアの見積もりは貰っておきましょう。

ヴェルファイア以外の競合車は?

アルファード 値引き 買う場合 目標額 限界額 いくら

 

ヴェルファイアの次は、競合他社で車格の近い競合車をぶつけます。

アルファードの競合車となる車種としては、日産エルグランドホンダオデッセイがあります。

 

まずは、日産やホンダのディーラーで「アルファードと迷っている」、と商談し見積もりを貰いましょう。

 

また県が違えばディーラーを経営する法人が変わりアルファードのトヨペット店同士を競合させることが可能ですので、隣県のトヨペットにもアルファードの見積もりを貰っておけば商談の材料になります。

 

男性

上記の競合車やトヨタのディーラーを出来るだけ多くリストアップして商談を開始しましょう。

 

女性

多くのディーラーと商談する事により、「値引きしてでも売りたい!」と言うノルマ達成が厳しいディーラーや営業さんに出会える確率が高くなりますし、営業マンとの相性は、購入後のメンテナンスやサービスを考えた上でも非常に大事な要素なので、車だけでなく人も吟味する事ができます。

アルファードのディーラー初回交渉

アルファード 値引き 買う場合 目標額 限界額 いくら

初回の交渉では、具体的な値引き額について触れる必要はありません。

 

むしろ、ここでいきなり値引きの話を深掘りすると営業マンの心象も悪くなり、最終的に値引きが期待できなくなります。

「値引きは頑張ってくれますよね?」などと言って相手の出方を見ておく程度にとどめましょう。

 

それに対して「決めてくれるなら頑張りますよ!」や「値引きに関しては、一律いくらです」といったリアクションがあると思います。

 

販売店の方針や営業マンの権限やスタンスで反応も様々ですのでその反応を見て、この店でこのまま交渉を続けるかも含めて検討しましょう。

 

男性

また、予算を聞かれても「納得できれば買う」といった程度にはぐらかしておきましょう。

予算を伝えると、高ければ値引きが期待できませんし、安すぎると営業マンも諦めてしまい商談が進みません。

 

ディーラーでは、アルファードに実際に乗ってみてシートの座り心地や、ボディの大きさなどをチェックしましょう。

実際に見て、触れて得られる情報はたくさんあります。

 

ディーラーでグレードごとの装備の違いや、自動ブレーキなどの安全装備の説明も聞いておいて、購入するアルファードのイメージを固めていきましょう。

 

初回の商談での注意点!
  • アルファードが本命かどうかは言わない
  • 他にも気になる車種があって迷っている。という姿勢を崩さない。
  • 予算は伝えない。
  • 初回の商談は短時間でOK
  • 市場してどのグレードのアルファードを買うかのイメージを固める

 

以上が、初回の商談での注意点になります。

アルファードのディーラー交渉2回目

アルファード 値引き 買う場合 目標額 限界額 いくら

二回目の商談から、具体的な値引き交渉を開始します。

 

順番としては、日産、ホンダでまず見積もりを貰って、ネッツ店でヴェルファイア、その後トヨペットでアルファードがオススメです。

 

この順番で見積もると安い順に見積もりが取れるので、常に安い見積もりとの商談が可能になります。

 

競合車のディーラーと交渉したら、現時点での出来る限りの値引き額をお願いして出してもらい、その条件を他の競合車へぶつけます。

 

そうして出た条件をアルファードにぶつけて、値引きを引き出していく作戦です。

 

値引きを引き出す基本は、「どこか一つでも好条件が出れば、それを元に他のディーラーへぶつけ、さらに好条件が出れば、また違うディーラーへぶつける。」というわらしべ長者の逆パターンで進めるのが鉄則です。

 

車の説明や雑談の会話の中で

 

値引きのポイント!
  • 「どれにするか迷っている」
  • 「出来るだけ安く買いたい」

 

この2点を伝えておけば、値引きは拡大していきます。

 

値引きのポイント!
  • どこかで好条件が出たらそれを別のディーラーへ、さらに好条件が出ればまた別のディーラーへ、と競合を繰り返す
  • まだアルファードにするか他の車にするか迷っている姿勢は崩さない

 

以上が、2回目の商談の注意点になります。

アルファードのディーラー最終交渉

アルファード 値引き 買う場合 目標額 限界額 いくら

2回目以降の交渉である程度アルファードから値引き額を引き出したら、可能な地域ならアルファード同士の競合に切り替えます。

 

アルファード同士の競合が難しいなら最後はヴェルファイアとの競合に持ち込みます。

以下のように進めてみると良いでしょう。

 

ヴェルファイアとの競合ポイント!
  • 「自分としては、ヴェルファイアにしたいが、嫁さんとしては、アルファードの方が良いみたい」
  • 「アルファードにしようとは思うが、ヴェルファイアにまだ未練もある」
  • 「最終的に決めるのは嫁さんではなく自分」
  • 「ヴェルファイアを諦めるならばもうひと押し好条件が欲しい」
  • 「ネットで調べたら値引き○○万円という情報も見たので、もう少しなんとかならないかな?」

 

などと言って、アルファード同士競合に切り替えます。

営業マンの調整可能な範囲で、もう一押し感を出すのがポイントです。

 

これをそれぞれのトヨペット店で仕掛けて、頑張ってくれそうなディーラーや営業マンに狙いを絞りハンコを武器に最後の交渉です。

 

「総額○○万円になったら契約します」と、ここで予算をズバリ伝えましょう。

 

「この金額になったらこの場でよそには断りの電話を入れます」と言いつつ目標よりも多少強気な金額を要求してみるのも効果的です。

 

それが通らなかったり、何らかの妥協案を出してきても応じずさらにもう一押ししてみます!

 

ここがポイント!
  • 「メンテパックを無料で付けてくれたら契約します」
  • 「ボディコーティングを無料でつけてください」

 

などと、数万円程度で、ディーラーでコントロール可能なサービスの無料化を要求すると良いでしょう。

また、納車時ガソリン満タン、車庫証明費用のカット、端数カット、などを最後で言ってみると良いでしょう。

 

仮に通らなくても、費用的にそこまで変わらないのですが、こちらの要求に対応しようと頑張ってくれる営業マンと付き合う事は大事です。

 

そして目標金額に到達してすべての条件に納得したらハンコを捺してアルファードの契約となります。

 

最終交渉時のポイント!
  • 契約直前のハンコを押す前が一番要求を通しやすい
  • 現金払いよりも、ディーラーに手数料収入が入るので、一部でもローンを組んだ方が値引き額は大きくなりやすい
  • 任意保険の加入・切り替えを検討しているなら、新車購入時にそのディーラーで加入すれば、ディーラー・セールスマンの成績となり、その分値引きの上乗せを迫れる

 

以上が、最終交渉時のポイントです。

アルファードの納期は?

アルファード 値引き 買う場合 目標額 限界額 いくら

アルファードの商談が無事終わったら、気になるのは納期ですね。

アルファードの納期は現在長めとなっていて2~4ヶ月程度となっているようです。

 

本革シートの車両やエグゼクティブラウンジの納期は、6ヶ月以上かかる事もあり、メーカーオプションの3眼LED装着をした場合も納期が伸びる傾向にあるようです。

 

アルファードの納車期間と納期実例を調べたところ以下のようです。

 

アルファードの納車期間と納期実例!
  • 6/29契約 10月上旬納車(納期3ヵ月)
  • 5/13契約 9/初旬納車(納期4ヶ月)

 

納期に関しては、気長に待つ必要がありそうです。

 

男性

契約時にディーラーで目安を確認しておきましょう。

アルファードの値引きまとめ

アルファード 値引き 買う場合 目標額 限界額 いくら

いかがでしたでしょうか?

 

十分な交渉材料もなくディーラーの言う通りにそこそこな値引きで決めてしまうと、数十万円アルファードを高く買ってしまう事になります。

 

そうならないためにも、是非値引き額や交渉術を参考にしていただいてアルファードを購入して下さい。

 

ここがポイント!
  • 値引きは35万が合格ライン
  • 目標値引きは40万以上
  • 商談する前に、競合車の見積もりを取る
  • 予算は最後まで明かさない

 

上記を心がければ、値引き交渉はうまく運ぶはずなので是非参考にして見て下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です